大海の迷子。

焦る様子もなくゆるりと気ままに泳いでいるようです。

敵方の強敵クラスにいてほしい窓系列選抜

もはや何番煎じになってるのかも分からない話。



ブログではお久しぶりです。元気です。そろそろ現場に飢えてきた頃です。窓系列の現場ください。(ふぉゆ舞台は落としました、なんならドリボも大阪SHOCKも落としました)
それはさておき。先日、「村を焼いてほしいジャニーズ」という個人的に非常に滾るエントリーを拝読いたしまして。これは窓系列でも!!考えねば!!!と謎の使命感が湧き上がりました。
舞台上で斬ったり斬られたりしてる彼らはきっと村焼きもお手の物なのでは!?(謎根拠)と妄想を巡らせた結果、村焼きはもちろんなのですが「暗殺部隊とか陽動部隊とかで第一線で活躍する窓系列…!」というトンデモ妄想にアクロバティック着地を決めました。

というわけで、

「敵方の強敵クラスにいてほしい窓系列」選抜

やります。順位ではなくとりあえず羅列していきます。お読みいただいている方に事前に注意していただくこととして、妄想拗らせてます。私の中のイメージだけで語ってます。もはやイメージっつーか私が見たい悪役。そして割とゲスい。参考に過去舞台の話とかも混ざりますがあくまでイメージ。ご理解ください。
スローガンは「悪役にもドラマがある!」これで行きます。


陽動部隊の中でも真っ先に戦場に飛び込んでくりょーちゃん。部下に「もう少し後ろを振り返ってくださいついていけないです」って言われることが多い。そんな部下に対して
「別について来なくていいよ!りょーちゃん一人でやっちゃうから!」「下手について来られるとうっかり殺しちゃいそうだから!」
とか言っちゃう。周りを顧みないバーサーカー系りょーちゃん。戦場でテンション上がっちゃうタイプ。死に際も笑ってそう。「どうせなら派手に死にたいよね」ってにかーっと笑うりょーちゃん。


日向の戦場で立ちはだかる「陽」の悪役がりょーちゃんなら、江田ちゃんは「陰」の悪役。
相手の重鎮の暗殺とか、奇襲とか、そういうお仕事が多い江田ちゃん。慈悲もなくただ淡々と相手を屠っていく江田ちゃん。月光が差し込む部屋の中で、殺した相手の返り血を鬱陶しそう拭ってほしい。半蔵様(@滝沢歌舞伎)より潔癖な感じ。あと愛刀をめっちゃ大事にしてそう。本命の殺害は愛刀でやるけど露払いは殺したやつから奪った刀で、みたいな。「こいつに下手な汚れつけたくないじゃん」って愛刀撫でながら冷たく微笑む江田ちゃん……

一回「江田ちゃんこそビッチ先生(@暗殺教室)みたいな殺し屋を演じるべきじゃないか」とか考えたのはマジでごめん。


3:林翔太(They武道)
They武道は悪役でもチームで動かしたい欲。
江田ちゃんが半殺しにした標的との交渉(脅迫)とか。江田ちゃんの後ろのんびり付いてきて「江田ちゃんが全部やっちゃうから俺暇だわぁ」とか笑ってる。刀は持ってるけどほとんど抜かない。ごく稀に瀕死の奴が切りかかってくるけど一回蹴り飛ばしてからそいつの刀でトドメ刺します。「なに無様に生き延びてんの?」とか絶対零度の目で言われたい。「うええ、血付いちゃったじゃん気持ち悪っ」とか言っててほしい。(私は林くんに何を求めてるのか)

アッでもえだりょはセットで同じ国にいてほしいけど林くんだけはえだりょの敵、ってのもいいな……(長くなるので以下割愛)


4:池田優("MAD")

滝沢歌舞伎みたく人を殺すことに迷いがあるのもとても危うい感じで大好きなんですけど、一切迷いを抱かない戦闘狂な池ちゃんもきっと美しいだろうなあ、と思った。

戦場でも普段の生活の中でも、ずっとニュートラルなテンションでいる人って怖いなあと思う。そして池ちゃんはそういう人だと思う。真っ赤な返り血を浴びておきながら、自分の仕事が終わると「じゃあ、帰ろっか」って笑って帰ってくるみたいな。池ちゃんを敵と知らずに出会って仲良くなって、最終的に敵だと分かって「味方だと思ってたのに」って泣きついて、「ごめんね」っていつもと同じ笑顔の池ちゃんにぶっすり刺されて死にたい。同情とかそういう考えは持ち合わせてない池ちゃん。「裏切り者」って言われても「仲間になった覚えないから」って微笑む池ちゃん。サイコパスな池ちゃん。白くて儚い天使かと思ったら死神みたいだ池ちゃん。


5:辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)
辰巳兄ちゃんにはめっちゃ人間くさい悪役をやってほしい。彼のイメージは「正義の反対はまた別の正義」
仕事だからなんでもやる!って姿勢ではあるけど、ふと誰かの言葉に立ち止まっちゃうみたいな。「これでいいのかな」「俺がやってることは正解なのかな」って気になっちゃう。仕事だからって割り切れなくなってきてすごい悩みそう。それでも主人公の敵だから、悪役。
作品終盤でドラマチックな退場をしてほしい。でもきっと主人公の味方にはならないんだろうなあ。


6:越岡裕貴(ふぉ〜ゆ〜)
辰巳兄ちゃんとは反対にガチでゲスい幹部がいいです。もうまさに悪役って感じのやつ。村焼き暗殺奇襲なんでもござれみたいな。

さらに掘り下げると辰巳兄ちゃんと池ちゃんとこっしーは同じ部隊がいい。ある村の殲滅任務の時、若い女性が命乞いをする。それを受けた辰巳兄ちゃんは思わず振り上げた剣を止めちゃうんだけど、後ろから入ってきた池ちゃんが何の慈悲もなく殺しちゃう。で、呆然とする辰巳兄ちゃんに「ダメですよ辰巳くん、上官に怒られちゃいますよ」ってにっこり微笑むんだ……そして池ちゃんを寄越したのはこっしーなんだ…「今の辰巳だと多分生存者を出しちゃうから、イケ、行ってきて」っつって……
辰巳兄ちゃんの迷いを知った上で目の前で現実を突きつける冷徹こっしー。迷う理由を理解できないから何の躊躇いもなく殺しちゃう池ちゃん。そして辰巳兄ちゃんのストレスがマッハ。多分どっかで泣き出すねこれごめんね辰巳兄ちゃん。





いやほんとごめんなさいでした。(三方土下座)

厨二拗らせてる感がバリバリですね。楽しかったです。
あと、候補漏れ(?)の人達についても触れておきますね。

松崎祐介→なんかもういい人にしか見えてないので敵に回せない。相手を倒す度に「ごめんなぁ、ごめんなぁ」って泣きそう。あと故郷の村に婚約者の幼なじみがいそう…って思った時点で死亡フラグ不可避すぎて辛かった。幸せになれよおおおお。・°°・(>_<)・°°・。

福田悠太→敵!味方!とかじゃなくて第三者ポジがいい。飄々と生きてる福ちゃん。傍観者。
無感情に生きてるように見えて、実は戦争に疲れた兵士を逃す手引きをしてたらいい。同国敵国関係なく。「痛いのはみんな嫌いだよねえ」とか言って。

松本幸大→村焼き=「火を放て!(以下略)」が浮かんじゃってそこから先に進めなかったごめんこたくん。
無理にねじ込むならやっぱり池ちゃんと関わりのあるポジがいい。サイコパス池ちゃんよりはまだ人間らしいけど、かと言って止める気もないこたくん。

MADE→めいどちゃんは四人とも揃って動いててほしいし、強敵クラスじゃなくて下っ端であってほしい。上の命令に振り回されながら必死に泥くさく生きてるめいどちゃん。下っ端にもドラマがある。Twitterでもちょっと触れたんでまた時間があれば別エントリーであげます。贔屓じゃないかって?その通りです。


はーーーー楽しかった!でもほんと色々拗らせてますね!もしここまで読んでくださった方がいたらありがとうございました。そしてすみませんでした。どこまでも私が楽しいだけの話でした。